法律書出版 会館のしおり 法曹会の概要
ディスクロージャー資料 ホーム
 
新刊・重版案内

2015年6月発行

最高裁判所判例解説 刑事篇(平成24年度)
法曹会編 ISBN 978-4-908108-26-6
書籍コード 210124 A5判上製函入 約564頁 定価 5,600円(本体 5,185)
 平成24年度の最高裁判所判例集に登載された刑事判例20件のすべてについて,最高裁判所の調査官が判示事項,裁判の要旨等を摘示し,かつ,当該裁判について個人的意見に基づいて解説したもの(法曹時報第65巻第9号より第67巻第4号までに掲載)を集録したものです。

家事事件・人事訴訟事件の実務
〜家事事件手続法の趣旨を踏まえて〜
東京家事事件研究会編 ISBN 978-4-908108-27-3
書籍コード 302705 A5判上製 約436頁 定価 4,850円(本体 4,491)
 家事審判に関する事件の手続と家事調停に関する事件の手続を定める家事事件手続法が,平成23年5月19日成立し,平成25年1月1日に施行された。家事事件手続法制定には,昭和22年の家事審判法の制定から時を経て,家族をめぐる社会状況,国民の法意識の変化により家族間の事件についても解決困難な事件が増えてきた背景がある。
 全国の家庭裁判所ではこれを契機として,家事事件手続法の趣旨を踏まえた運用の実現のために,更なる取組がなされている。その中で,東京家庭裁判所における取組(家事調停・家事審判・人事訴訟について)を,「法曹時報」第66巻第4号から第67巻第3号に11回にわたり掲載した。本書は,これらをとりまとめ合本したものである。掲載内容は以下のとおりである。
目次抜粋
第1回 家事事件手続法の趣旨と新しい運用の概要(家事審判事件を中心に)
第1 はじめに
第2 家事審判事件
第3 その他
第2回 家事調停の一般的な審理〜夫婦関係調整(離婚)調停を中心に〜
第1 はじめに
第2 当事者の主体的な手続活動を支えるための手続進行の在り方
第3 当事者の納得を得るための働き掛けの在り方〜離婚調停を中心に〜
第3回 婚姻費用・養育費の調停・審判事件の実務
第1 はじめに
第2 算定表とその利用方法
第3 算定表の使用上の問題点及び特殊な事例の算定例
第4 調停事件の実際の進行
第5 審判事件の審理
第4回 財産分与の調停・審判事件の実務
第1 財産分与請求事件の概要及び動向
第2 財産分与請求権の概要
第3 財産分与が問題となる調停事件の進行イメージ
第4 審判手続について
第5 終わりに―類型ごとの審理の在り方
第5回 遺産分割調停・審判事件の実務
第1 遺産分割事件
第2 遺産分割調停事件の審理
第3 遺産分割審判事件の審理
第4 共同相続人に嫡出子と嫡出でない子が存在する場合
第6回 面会交流の調停・審判事件の審理
第1 はじめに
第2 調停事件の実際の審理・進行
第3 審判事件の実際の審理・進行
第4 面会交流の実現方法
第7回 子の監護者指定・引渡調停・審判事件の審理
第1 はじめに―子の監護者指定・引渡事件の概要及び事件動向等
第2 子の監護者指定(引渡し)の判断の実情
第3 家事法下における審判事件(審判前の保全処理を含む。)の審理・進行
第4 調停事件の進行の概要
第5 まとめ
第8回 調停に代わる審判の活用と合意に相当する審判の運用の実情
第1 家事事件手続法下における実務の状況
第2 調停に代わる審判の活用の実情
第3 合意に相当する審判の運用の実情
第9回 成年後見事件の審理
第1 はじめに
第2 後見開始の申立て
第3 保佐・補助開始の申立て
第4 任意後見監督人選任の申立て
第5 後見・保佐・補助(以下「後見等」という。)開始の審判前の保全処分
第6 後見等開始の審判などの申立ての取下げ
第7 後見等事件の閲覧・謄写について
第8 成年後見人の職務と権限
第9 後見等監督について
第10 後見制度支援信託について
第10回 家事事件手続法別表第一に掲げる事項の審判事件の審理
第1 総説
第2 子の氏の変更許可及び氏の変更許可の審判事件について(家事法別表第一の60の項,同表の122の項)
第3 養子縁組(未成年養子縁組)許可の審判事件について(家事法別表第一の61の項)
第4 推定相続人の廃除の審判事件について(家事法別表第一の86の項)
第11回 人事訴訟事件の審理
第1 はじめに
第2 離婚事件の審理
第3 渉外事件
 このように実務に携わる裁判官,書記官,家庭裁判所調査官,家事調停委員,弁護士の方々にとって非常に有意義な1冊となっている。
 ぜひ,御一読いただき活用いただければ幸いである。

プラクティス刑事裁判
司法研修所刑事裁判教官室 ISBN 978-4-908108-24-2
書籍コード 27-04 A4判 168頁 定価 2,700円(本体 2,500)
 本書は,司法研修所の教材として用いられている「プラクティス刑事裁判」とその別冊を合冊したものです。
 これらの教材は,「当事者及び裁判所は,公判前整理手続においてどのように争点及び証拠を整理し,公判手続において何をなすべきなのだろうか。本書は,これからの司法を担う修習生に,これらの点を考えてもらうために作成したものである。」(「はしがき」より)というコンセプトのもと,司法修習生に提供されているものです。
 司法修習生のみならず実務に携わる各位の好個の参考資料と思われますので,頒布することといたしました。
目次
第1章 公判前整理手続
第1 公判前整理手続とは
1 公判前整理手続の目的
2 公判前整理手続の内容
第2 公訴提起直後の準備
1 検察官による公訴提起
2 弁護人の選任
3 事件の配てんと受訴裁判所
第3 第1回打合せ(7月7日)
1 本件打合せにおける三者間のやり取り
2 打合せについて
第4 第2回打合せ(7月22日)
1 本件打合せにおける三者間のやり取り
2 証明予定事実について
3 証拠整理について
4 類型証拠の開示について
5 進行管理について
第5 第1回公判前整理手続期日(8月8日)
1 本件期日における三者間のやり取り
2 予定主張について
3 主張関連証拠の開示について
4 証拠整理について
第6 第2回公判前整理手続期日(8月19日)
1 本件期日における三者間のやりとり
2 量刑に関する争点整理について
3 公判期日の指定について
4 裁判員候補者の選定と呼出しについて
5 被害者参加について
第7 第3回公判前整理手続期日(9月4日)
1 本件期日における三者間のやりとり
2 証拠決定等について
3 争点及び証拠の整理の結果の確認について
4 その他
第8 被告人の身柄関係
1 勾留について
2 保釈について
第2章 裁判員等選任手続
第1 概要
第2 質問手続
第3 不選任決定
1 理由あり不選任決定
2 辞退申立てに対する判断
3 理由を示さない不選任決定
第4 選任決定
第5 裁判員法39条の説明・宣誓手続
第3章 公判手続
第1 冒頭手続
1 被告人に対する人定質問(規196条)
2 起訴状の朗読(法291条1項)
3 黙秘権及び訴訟法上の権利の告知(法291条3項,規197条)
4 被告人及び弁護人の被告事件に対する陳述(法291条3項)
第2 証拠調べ手続
1 冒頭陳述(法296条,316条の30,規198条)
2 公判前整理手続の結果の顕出(法316条の31)
3 証拠調べの施行
4 証拠調べ等に関する異議
第3 論告・弁論・最終陳述
1 論告
2 弁論・最終陳述
3 弁論の終結
第4 被害者の刑事裁判への関与
1 被害者参加制度
2 被害に関する心情その他被告事件に関する意見陳述
第4章 評議
第1 争点整理と評議
第2 裁判官や裁判員が評議においてなすべきこと
第5章 判決
(付録)
事項索引
条文索引

司法研修所論集 2014(第124号)
司法研修所編 ISBN 978-4-908108-20-4
書籍コード 27-03 A5判 90頁 定価 2,400円(本体 2,222)
講 演
企業価値を高めるためのコーポレートガバナンスはいかにあるべきか
 ―ボードのとらえ方と所有構造を中心にして―
・・・宮 島 英 昭
デリバティブ訴訟について
・・・森 下 哲 朗

事件記録教材 第16号(暴行被疑事件)
法務省 法務総合研究所編 ISBN 978-4-908108-28-0
書籍コード 27-06 A4判 208頁 定価 2,150円(本体 1,991)
 この教材は,刑事実務の教育指導の場で活用できるよう法務総合研究所において作成したものです。
 作成に当たっては,実際にあった事件を素材として,できるだけ実際の事件記録に沿った形式で編集されていますが,内容面では,教材であることを考慮して大幅な変更が加えられており,事件の発生時期・場所,登場する人物,団体,地名等は,いずれも実際の事件と関係のない架空のものとされています。
 法科大学院等での使用に適した教材であると思われますので,頒布することといたしました。多くの読者が,実際の事件が素材とされていることに留意した上で,この教材を刑事実務の理解を深めるために,積極的に活用されることとなれば幸いです。
目次
記録目録
送致書
書類目録
通常逮捕手続書(甲)
弁解録取書
暴行被疑事件捜査報告書
暴行事案発生報告書
任意同行の遅延に関する報告書
犯行場所の特定に関する報告書
写真撮影報告書
飲酒検知に関する報告書
酒酔い・酒気帯び鑑識カード
被害者の容姿に関する写真撮影報告書
被疑者の容姿に関する写真撮影報告書
電話聴取書
被疑者の人物特定に関する報告書
身体特徴等に関する捜査報告書
供述調書
供述調書
供述調書
犯罪歴照会結果報告書
電話聴取書
逮捕状請求書(甲)
逮捕状
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
関係書類追送書
被害再現状況写真撮影報告書
供述調書
戸籍全部事項証明書
関係書類追送書
供述調書
供述調書
取調べ状況報告書
関係書類追送書
現場到着時の被疑者の動向に関する報告書
被疑者伊藤壮元の取調べ状況報告書
供述調書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
関係書類追送書
供述調書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
関係書類追送書
捜査報告書
電話聴取書
電話聴取書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
取調べ状況報告書
起訴前の勾留関係書類
弁解録取書
取調べ状況報告書
前科照会回答書
勾留請求書
接見禁止等請求書
勾留質問調書
勾留状
接見等禁止命令
勾留期間延長請求書
検察官収集書証
供述調書
取調べ状況報告書
供述調書
取調べ状況報告書
略式命令書謄本
判決書謄本
判決書謄本
略式命令書謄本